成蹊会沿革

大正5年(1916) 成蹊実務学校第1回生卒業(15名)
大正6年(1917) 成蹊小学校第1回生卒業
大正7年(1918) 成蹊中学校(旧制)第1回生卒業
大正8年(1919) 成蹊実業専門学校(別科)第1回生卒業
大正9年(1920) 成蹊実業専門学校第1回生卒業
成蹊女学校第1回生卒業
昭和3年(1928) 成蹊高等学校(旧制)第1回生卒業
昭和11年(1936) 学園創立者中村春二先生の胸像除幕式挙行(北村西望氏製作)。
これを契機に、建学以来の各学校校同窓会が大同団結して卒業生団体「成蹊会」を結成
(会長、丹羽孝三)
昭和12年(1937) 「成蹊会」設立総会
昭和24年(1949) 成蹊大学医歯学進学課程(プレメディカルコース)第1回生修了
機関紙「成蹊会誌」第1号を発刊
昭和25年(1950) 成蹊女子学園第1回生卒業
成蹊高等学校(新制)第1回生卒業
成蹊会支部(九州支部、関東支部、東海支部)を結成
昭和26年(1951) 成蹊会支部(北海道支部、千葉支部、東北支部)を結成
昭和27年(1952) 成蹊大学政治経済学部第1回生卒業
昭和30年(1955) 文部大臣の設立許可を得て「社団法人成蹊会」(公益法人)に組織変更
加藤英夫氏が会長に就任
昭和31年(1956) 成蹊会育英奨学金制度を設ける(以降、成蹊中学・高校生、成蹊大学学部生、大学院生を対象に育英奨学金を貸与)
昭和32年(1957) 「社団法人成蹊会功労者謝恩顕彰規程」を設け「恩師謝恩会事業」を開始(成蹊教育の進展と学術の発展において寄与、古希を迎えられた教職員に感謝状、記念品を贈呈)
昭和33年(1958) 「成蹊クラブ」を開設(数寄屋橋のニユートーキヨービル7階、同窓知友の親睦と会員相互の研究の場)
昭和34年(1959) 南部鎮雄氏が会長に就任
学園創立50周年事業として元理事長「岩崎小弥太」レリーフ建立(北村西望氏製作)
昭和36年(1961) 青葉翰於氏が会長に就任
昭和38年(1963) 村上藤太氏が会長に就任
元池袋公園内に「成蹊学園発祥之地」の碑を建立。(平成10年に元池袋史跡公園に移転)
学園賛助員「今村繁三」像を大学1号館前(現情報図書館)に建立(菅原安男氏製作)
昭和41年(1966) 成蹊大学工学部第1回生卒業
昭和42年(1967) 成蹊会会員総数が1万名を超える
昭和44年(1969) 成蹊大学文学部第1回生卒業
宗像英二氏が会長に就任
昭和45年(1970) 成蹊大学経済学部第1回生卒業
成蹊大学法学部第1回生卒業
昭和48年(1973) 河野義克氏が会長に就任
昭和49年(1974) 成蹊会学術・教育研究助成制度を設ける(小、中、高、大学の教職員に学術教育研究助成金を、各学校に学術教育振興助成金を贈呈)
昭和50年(1975) 成蹊会会員総数が2万名を超える
成蹊会国際交流基金を設ける(成蹊高校と米国、豪州の高校との留学生交流諸費を助成)
成蹊会支部(中国支部)を結成
昭和52年(1977) 第1回「成蹊桜祭」開催(毎年、学園構内で各学校学部の卒業生、成蹊学園在学生、武蔵野市民との親睦、交流、コミュニケーションを目的に開催)~成蹊会主催、成蹊学園後援~
昭和54年(1979) 丹治道生氏が会長に就任
昭和56年(1981) 成蹊会会員総数が3万名を超える
昭和57年(1982) 電算処理により作成の「成蹊会会員名簿」を発行
昭和59年(1984) 第60回枯林忌追悼会、以降学園と成蹊会の共催開催となる
昭和60年(1985) 生野専吉氏が会長に就任
昭和62年(1987) 成蹊会会員総数が4万名を超える
昭和63年(1988) 成蹊会本部事務局を学園本館から学園史料館に移転
平成1年(1989) 永井邦夫氏が会長に就任
平成2年(1990) 成蹊会学術表彰制度を設ける(成蹊大学の学術研究に著しい業績のあった教員を表彰、あわせて副賞を贈呈)
平成3年(1991) 成蹊会スポーツ振興基金を設ける(成蹊学園のスポーツ振興を助成するため、小、中、高、大学に助成金を贈呈)
平成5年(1993) 成蹊会会員総数が5万名を超える
谷岡喜久蔵氏が会長に就任
平成7年(1995) 岩崎英二郎氏が会長に就任
平成8年(1996) 谷岡基金を設ける
平成11年(1999) 成蹊会会員総数が6万名を超える
成蹊会ホームページ開設
平成12年(2000) 成蹊会文化振興基金を設ける(成蹊桜祭を後援するとともに、大学「欅祭」、中学・高等学校「蹊祭」、大学文化会・新聞会へ助成金を贈呈)<平成8年からの旧谷岡基金の全額を移す>
平成13年(2001) 瀧秀彦氏が会長に就任
平成16年(2004) 成蹊会会員総数が7万名を超える
平成18年(2006) 成蹊大学大学院法務研究科第1回生修了
成蹊会設立70周年記念事業を実施
平成19年(2007) 相川一成氏が会長に就任
平成21年(2009) 成蹊会会員総数が8万名を超える
理工学部第1回生卒業
成蹊会事務室が学園史料館から学園本館に移転
平成23年(2011) 「成蹊倶楽部」(ニユートーキヨー数寄屋橋本店9階)を増床リニューアル
成蹊会創立75周年記念総会開催
谷正紀氏が会長に就任
平成24年(2012) 学園創立100周年記念事業募金へ寄附金1億円を贈呈
平成25年(2013) 一般社団法人へ移行
平成26年(2014) 成蹊会会員総数が9万名を超える
平成27年(2015) 「成蹊倶楽部」(ニユートーキヨー数寄屋橋本店9階)ニュートキヨービル閉館のため、休業。
吉益裕二氏が会長に就任
平成28年(2016)  成蹊会設立80周年祝賀会を開催
 平成29年(2017)  「成蹊倶楽部」(X-PRESS有楽町ビル2階)オープン予定

Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。