お知らせ

梅林正直氏(高3回・S27年)が外務大臣表彰を受章されました。

梅林正直氏(高3回・S27年、三重成蹊会会員)は三重大学退官後タイの北部山岳地帯のケシ栽培を梅やマナオ(タイのライム)の林にしようと、自費でボランティアを続けて13年間で21000本の梅と12000本のマナオの植樹が行われました。
今回この功績に対し『植樹ボランティア・・・タイに於ける国際協力の推進』として外務大臣表彰を受けられました。

梅林正直氏のお話
『来る7月29日(火)午前11時から、チェンマイ総領事公邸で受賞と東京から送られてくる銀杯を受け、永年タイでお世話になった同席の8名の方々、総領事と2名の領事の方々とご一緒に昼餐を頂く事になっております。
12年前に三重大学を停年退官しましてから、皆々様のご協力とお励ましを受けながら、北部タイでの植樹ボランティア活動に従事してまいり、日タイ両国の友好に努めたことが認められて、この上ない喜びをかみしめております。心から厚く御礼申し上げます。まずはご報告まで。』

Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。