お知らせ

2018年度 成蹊会チャレンジ助成金の応募について

多様な教育・研究活動や文化的活動等の中で、社会に貢献しかつ成蹊の名を高めると認められるものを支援する助成金です。
制度の概要
  1. 趣旨
    成蹊学園の教員および教員が指導する活動の中で、成蹊の名を高めるものを支援します。
  2. 応募申請者
    成蹊学園の教員
  3. 助成額
    本年度予算は50万円です。採択件数や助成額は活動内容により成蹊会学術・教育助成委員会が決定しますのでご希望にそえないこともございます。その旨ご了承下さい。
応募方法 申請用紙は成蹊会事務局に備置しています。成蹊会HPからダウンロードもできます。
所定の申請書に必要事項を記入して成蹊会事務局へ直接提出して下さい。
応募時期 随時(但し、前期締切を2018年6月30日及び後期締切を2018年12月21日とさせていただきます)
注 なお、早期に多数の申請があった場合、時期を繰り延べさせていただくこともございますのでご了承下さい。
報告 活動内容と成果、助成金の使途を事務局に提出して下さい。(A4サイズ1枚程度)
なお関連する領収書の写しが必要になります。
特色 申請する際には学校長の承認は不要ですが、助成が決定した案件は直ちに学校長に連絡いたします。
支援対象の一例
(この例に限定するものではありません)
  • 学外教育研究会の参加料(海外も含む)
  • 各種の学外のコンテスト等への参加助成
  • 出版費用助成 など

【2017年度 チャレンジ助成例】

  • 成蹊フォーミュラーチーム
    タイヤ温度計、GoProを導入し、走行時の問題点を具体的に究明し、より精度を高めた状態で大会に臨み、上位進出をはかる
  • 小田ゼミナール
    吉祥寺における成蹊の存在感を高めるため、中道通り商店街とタイアップし、双方のイメージアップ、活性化に繋がるコラボを実践する
  • 学生ボランティア本部(海外チーム)
    ベトナム(孤児院、障がい者介助等)とは異なり、カンボジアに赴き、最大限何ができるのかを模索し、行動に移すチャレンジを敢行
※ 申請にあたってご不明な点は成蹊会がご相談に応じます。

ページトップ