お知らせ

21世紀COEプログラム決定

文部科学省が10月2日公表した「21世紀COEプログラム」(トップ30)の審査結果は、国立大、なかでも旧帝大(北海道、東北、東京、名古屋、京都、大阪、の各大学)の占める割合が高いものとなった。

私立大必死、個性で勝負

私立では早稲田大、慶応大が各5件と目立った。
関西では立命館大の3件が際立った。
規模が比較的小さい私立大の採択例もある。玉川大は8年前から始めた「看板」の一つの研究が選ばれた。他に私立大学では、青山学院大、名城大、近畿大、中央大、国学院大、上智大なども選ばれた。

Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。