お知らせ

蹊ディスコース研究会 夏の特別集会のお知らせ

1997年に発足した蹊(こみち)ディスコース研究会は、この夏22回目の研究会を迎えます。
今回は、特に下記のようにゲストをお招きした蹊ディスコース研究会夏の特別集会を企画しました。
英米文学科浅野ゼミOBであり、蹊ディスコース研究会メンバーの清ルミさんが、2008年度、日本語教育をテーマに執筆して提出された学位論文よって、名古屋大学大学院から博士号を授与されました。この慶事を機に、OB・研究会メンバーの多くの方々に対して、清さんから親しく論文の概要をお話ししていただき、「日本語」の再認識に役立てることができればと願い、下記のようなプログラムを計画した次第です。
清さんは、常葉学園大学教授として異文化コミュニケーション、日本語と日本語教育に関する研究と教育に携われる傍ら、NHKテレビ日本語講座「新日本語で暮らそう」の講師を務められ、近刊としては、『ナイフとフォークで冷や奴』(太陽出版)を出されるなど、数々の創造的研究・研究業績を積まれ、多方面で八面六臂の活躍をされています。


日時 8月7日(金)
研究会 3時~5時15分(受付2時30~)
懇親会 5時45分~7時45分
場所 ニユートーキヨービル 丸ノ内線銀座駅C1出口より徒歩分1分
研究会会場  成蹊倶楽部(ビル9階)
懇親会会場  中華料理「桃杏樓」(ビル7階)
会費 6000円
研究会プログラム
1.基調講演 「日本語と英語に関する対照言語学的考察寸話」
浅野 雅巳(成蹊大学・島根県立大学名誉教授)
2.講話「日本の言語教育にコミュ二カティヴ・アプローチは根づいたか」
清ルミ(常葉学園大学教授)

以下に清さんの多数のご著書の一部をご紹介します。
『優しい日本語』(アルク)
『創造的授業の発想と着眼点』(アルク)
『日本で暮らす』(アルク)

参加を希望される方は、7月半ば頃までに、渡部(origa@eco.ocn.ne.jp)までご連絡ください。

Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。