成蹊探訪

成蹊探訪 26

中村春二先生記念胸像

中村春二先生記念胸像
 学園創立者中村春二先生の胸像は、本館西側のヒマラヤ杉の下にあります。台座にはかながき主義者(注)であった先生の業績を偲んで「なかむらはるじ」と直筆の文字が刻み込まれてあります。胸像の制作は、当時の帝国美術院会員・東京美術学校の北村西望教授に依頼し、昭和11年6月に除幕式を行いました。胸像は卒業生の寄付金により建立され、またこれを期して同窓生団体の「成蹊会」が結成されました。除幕式当日には、平生釟三郎文部大臣(甲南学園創立者)より次のような祝辞をいただきました。「中村春二先生は、日本の近代教育史において特記さるべき先見の明をもち、実践力のあった大教育者と呼ぶにふさわしい人物でありました。(中略)君たち成蹊学園に学ぶものは、創立者中村春二先生の期待にこたえ、その教えを身に体して国家有為の人材たらねばならない。(後略)」

 興味を持たれた方は学園史料館を訪ねて、学園のルーツを辿ってみませんか。【文:広報課】
(注)中村春二先生は大和詞をすべて仮名文字で表すことを主張され、「かながきのすすめ」を提唱されました。
建立中の中村春二先生記念胸像 昭和11年

建立中の中村春二先生記念胸像 昭和11年



Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。