成蹊探訪

成蹊探訪 29

成蹊桜祭

 毎年4月の第1日曜日には、学園キャンパスにおいて「成蹊桜祭」が行われています。
 今年も4月7日(日)に、本館前ステージのイベント広場をメイン会場に、構内のあちらこちらで、模擬店、お祭広場、野点、乗馬サービス、寄席、キャンパスツアー、ソーラーカー試乗、学園史料特別展示、ダンス教室、そして同窓会・クラス会の集まり等が行われます。
 成蹊桜祭は、「観桜の時に卒業生が成蹊に集まり、旧交をあたため、母校の成長振りを見よう」という卒業生の提案がきっかけとなり、昭和53(1978)年4月2日に第1回の成蹊桜祭が開催されました。卒業生が実行委員会を組織し、企画・準備と奔走。これに大勢の卒業生が呼応し、当日の参加者は1,300名を数える大盛況となりました。
 小学校から大学まで、卒業生・現役生・教職員が家族揃って参加できるこの催しは、今ではすっかり定着し、武蔵野市民の方も含めて毎年5,000名もの方が訪れています。
 成蹊桜祭は今年で第25回目を迎え、卒業生団体の「(社)成蹊会」が主催、成蹊学園が後援して行われています。
 「宇は大なり、母校成蹊の宇」
校歌の一節が表わす成蹊の真の姿が実感できる一日です。
【文:企画課】
成蹊桜祭


Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。