成蹊探訪

成蹊探訪 30

志田素琴先生句碑

「暮れて越す草山一つ春の月」
 大学14号館前に、こう刻まれた自然石の句碑があります。句は旧制成蹊高等学校の教授で、国文学者の志田義秀先生が詠まれたものです。松尾芭蕉の研究家で俳人でもあった先生は、初号を虚白その後に素琴と号しました。
 富山県に生まれ、東大国文科時代には学園創立者中村春二先生とも親交を結ばれ、大正14年(1925年)旧制成蹊高等学校開設と同時に教授として就任しました。先生は本学の校歌の作詞者でもあり、また、図書課長も務められた方でした。
 この句碑は、先生の学徳を慕う人々が発起人となり、昭和16年(1941年)9月に建てられました。当時この松林の中には、岩崎小弥太理事長により「緑陰堂文庫」と命名された学園図書館があり、当初の句碑はこの図書館東側に建てられたものでした。
 写真は、昭和34年(1959年)の学生生活のしおり「桃李の下」に掲載されたもので、説明文に『…このあたりは大学の構内でも最も武蔵野の俤を存した所で、枯芝に寝そべって瞑想し、野鳥の声を聞きながら友と語るによい』と書かれ、当時の状況の一端が窺えます。
 先生の郷里、富山県の県立図書館には、志田文庫として俳書を主とした貴重な蔵書3千冊余が所蔵されており、その構内にも、先生の詠まれた句碑があります。
「ひよこどもあぴよ木陰の砂涼し」
【文:企画課】
志田素琴先生句碑


Copyright © Seikeikai Alumni Association. All Right Reserved. ※掲載写真及び解説は成蹊学園広報課の許可を得て掲載しております。